08.02
Wed
先日の、分類についての記事でちょろっと書きましたが。
(こちら→ 2017/7/23 〇本の分類を変えるお仕事

「図書館の状況によって細かい判断が必要になるから、すべての図書館が同じ分類をするとは限らない」という、私の考えについて。
詳しく書いていこうと思います。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

図書館で新しく購入した本や、利用者の方から寄贈された本は、基本的には図書館司書が一冊ずつ確認して、
日本十進分類法にしたがって、分類をしていきます。

日本十進分類法についてはこちら→ 日本十進分類法 Wikipedia

す~ごく簡単に言うと、図書館の中での本の置き場を決めるための仕事です。

図書館では本棚の番号や数字が決められていて、本を探す時や自分で検索したとき、「〇〇番の棚にあります」と言われたりしますよね。
その〇〇番の棚を、この分類法を使って決めるんです。全国どこの図書館でも、十中八九、同じ分類をしていると思います。

この分類さえ知っていれば、どこの図書館に行っても目的の本にたどり着くことができる!!
とっても便利な分類法なのです((⊂(^ω^)⊃))

ただし!
同じ分類法を採用しているといっても、どこの図書館でもまったく同じ分類になるとは限りません。
それぞれの図書館で、独自の分類を行っていることがあります。
利用者層の違いや、蔵書構成本棚の配置方法、など、図書館によってさまざまな状況があります。
本の分類をする司書は、そこまで頭に入れて分類作業を行うのです。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

先日、新しく買った本で、下記の児童書がありました。↓


鬼の子どもたちが、羽田空港の中を鬼の雲に乗って探検するという内容で、中身は全部イラスト、写真はなし。
2017081113161439b.png

主人公が「鬼の子どもたち」という時点で、完全にファンタジーで、絵本の棚に置けば間違いないのは確かなんですが。
私の経験と感覚から、「絵本」に分類するのはちょっとひっかかるところがありまして…(゜-゜)

羽田空港という実際に存在する施設について、細部まで丁寧にリアルに描かれている、この絵本。
作者さんが綿密な取材をされたのでしょう。私も羽田空港を何度か利用したことがありますが、見覚えのある場所が満載です。
201708111316177a0.png

この本の分類について、かなり悩みました。

私が本の分類をするときは、まずカーリルローカルなどの図書館の蔵書検索サイトでその本を検索して、
ほかの図書館は、どのような分類をしているのか?というのをカンニング…参考にするんですが、
この本は、県内で所蔵している図書館はどこも[913・E]絵本として分類していました。

でも…当館の絵本コーナーにこの本を置くと、普通の絵本に埋もれてしまって、
「羽田空港」「飛行機」について知りたい子どもたちの目に触れない可能性が高いな、と思ったんです。
普通の絵本として利用してもらうことも大事ですが、主題がはっきりしているので、せっかくならそっちをメインにしたい。

なので、この絵本に関しては、「絵本」ではなく「空港」というのをメインにとらえて、
児童書の[687]航空運輸に分類することにしました。
687は、「航空運輸」に関する分類で、おもに飛行機や空港などに関する本が大体この数字になります。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「ほかの図書館と同じにしなくていいのかよ!?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが…
大規模図書館と小規模図書館では、なにもかも違うんですo(`ω´ )o 全部一緒でうまくいくわけがありません。
全国の図書館に、同じ本が同じだけ行きわたるんなら、それでもいいんでしょうけどね。まあそれは現実的じゃないですから。

それぞれの図書館にベストな分類がある。それをきちんと考えて分類をしなくちゃいけないなぁ、と思います。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
07.23
Sun
最近は、開架棚に並んでいる本の分類チェックをしています。

本の分類は、日本十進分類法という決まりに従って行うのですが、
図書館の状況によって細かい判断が必要になるから、すべての図書館が同じ分類をするとは限らない、と私は考えています。
これについては、また別の記事で詳しく話すとして…


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

当館では、10年以上前に受け入れた本が、いまだに開架棚に置いてあります。
なぜかというと、本の利用自体が少なく、劣化しているものがあまりないため。汚破損が酷いものはもちろん閉架です。
大きな図書館なら、利用頻度も高くてすぐにボロボロになってしまいそうな本も、うちの図書館では比較的綺麗なまま。
書籍にとっては状態がよく保たれているのは良いことなんでしょうが、図書館司書としては複雑な気持ちです…(;^ω^)
今のところはスペースに余裕があるから置いているけど、今後新しい本が増えていくと次はどれを閉架にするかで悩むはめに…(ぜいたくな悩み)

綺麗な本が多いのは良いことなのは、間違いないです。ただ、うちの図書館の場合、別の問題があるのです…。
それは…分類の間違いが多いこと。

受け入れた当時の担当の方が、ちゃんと分類をしているはずなのですが、棚に並んだ背表紙をぱっと見たときに、
「なぜここにこの本が…?(*_*;」というのが、地味に多い気がして。

本を手に取って、背表紙のタイトルだけではなく、中身までよーく見ると。
厳密には間違いではないんだけど、「そっちをとったかー!」というような分類がけっこう見られました。
棚整架ついでに、分類のチェックをしていると、出るわ出るわ。

たとえば、↓の本
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

アラン ピーズ,バーバラ ピーズ 主婦の友社 2002-09-01
売り上げランキング : 24900
by ヨメレバ

一時期、すごく話題になった本ですね。
たぶんその話題になったときに買ったんでしょう、2冊ありました(一冊は寄贈でした)。

この本が、なぜか、[389]文化人類学に分類されていました(@_@)
389というのは、3類・社会科学のなかの、もっと細かい分類で、文化人類学の本を置くところなのですが。
なんでだろう…どこをどう見て「文化人類学」と思ったんだろうか…?

せっかく2冊あったので、1冊は[143]性差心理学のところに、もう1冊は[491]脳のところに置きました。
男女の脳の違い、考え方の違いについて書かれた本だと思うので(未読です)、このような分類にしました。
複本を別々の分類にするのはよくないかもしれませんが、うちの館では、このやり方でいこうと思います。
※ちなみに、分類のカラーは、うちの図書館での色分けです。1類はグレー、3類は、4類は

こんな感じの分類間違いが、ほかにもたくさんあります…一列に2・3冊はあります(;´・ω・)
でも、それを見つけるのが、また面白い。宝探しのようで、楽しい作業です(笑)。
そして、分類を変えた後にさっそく貸出されると、「ヨッシャー!」と思います。図書館司書、冥利に尽きます(o‘∀‘o)*:◦♪

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


冒頭で言ったように、分類はそれぞれの図書館で違ってくるので、全部に共通した「正解の分類」というのはないと思います。
でも、その本を置くのに「ふさわしい分類」は必ずあります。それを、きちんと見極めるのが図書館司書の仕事です。

ただ…今の全国の図書館の状況では、そういうことができる司書は育ちにくいと思います。
正規・非正規や、民間委託など、なかなか難しい問題ではありますが、良い方に進んでいってほしいです(´・_・`)
同じように図書館で働く昔の同僚なんかと話をすると、私は本当に司書として恵まれているな、と感じます。
情熱を持つ司書さん、たくさんいるのになー。もったいない。


まあとりあえず、今は自分のこと、目の前のことを誠実にやっていくしかないですな。
それが、このさきの、未来の図書館司書の礎となる…とまで言うと大げさですけど(笑)。
私がきちんと図書館司書としての役割を果たせれば、きっと次もきちんとした図書館司書を入れてくれると思うので。
引退するまでは、きっちり頑張ろうと思います(*・`ω´・)ゞ 引退しないかもしれないけどねw

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
07.20
Thu
ちょっと古めの「ツボ押し」の本、閉架にするかどうかのチェックをしていたら。
20170720134558a2a.png
画像の右端に注目。
見出しの枠のところが「指」になってる(⌒∇⌒)オモシロかわいい~

今の本だと、CGやデジタルを駆使して写真のようにリアルだったり、
ハイセンスなデザインでおしゃれな紙面になっていたりしますが、こういう素朴な感じもいいですよね。
内容もけっして古いものではないし、状態もよかったので、これはそのまま開架に置いておくことにしました(^-^)

201707201346005d4.png
乗り物に弱い私にピッタリなツボも発見!(笑)
ほかにも、「やる気が起きるツボ」や「イライラをなくすツボ」、「若さを保つツボ」、「げっぷを鎮めるツボ」など、
おもしろいツボがたくさん載っています。興味のある方は、ぜひご覧あれ♪(/・ω・)/ ♪

『手と足のツボ 77』
手と足のツボ77―こんなときには、ここを押せ

堤 芳郎 日東書院本社 1987-11
売り上げランキング : 1228052
by ヨメレバ


衝撃的なイラストも載ってました。
20170720134558c09.png
お兄さん、踏みつぶされてる!(笑)

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
07.06
Thu

7月になったので、特集展示のテーマを変更しました。
気分だけでも涼しくなろう♩ということで、テーマは「水」です。
この紙↑はワードで作っています。素材サイトさんに可愛いのがあると、つい使いたくなりますネ(´ω`人)
「水」の文字のところの水滴のような模様は、ワードの「図形」で作りましたよ。

(ちなみに、先月は『騎士団長殺し』を新刊購入したので、それを紹介するのに合わせて「村上春樹特集」をしていました)

20170704163714aa2.png
とりあえず、かき集めて並べたのがこちら↑
左側には「水」が関係する小説、右側には「海」や「海の生き物」に関する読み物や写真集、
そして真ん中には、「マリンスポーツ」の本を置きました。水泳もマリンスポーツに含まれるよね?(笑)
表紙が見事に青系で、もうこの時点で涼しくなったような気がしますね〜.゚+.(・∀・)゚+.

20170704163715dae.png
小説の方をズームアップ。
仄暗い水の底からは、映画にもなりましたよね。スガシカオさんの曲がまたいいんだ…(そこ?)
小説は、ホラー短編集で、意外とさくさく読めます。怖いからさくさくは進まないかもしれないけど…:(´◦ω◦`):

写真には載ってないですが、このテーマで個人的におすすめなのが、
東野圭吾さんの『レイクサイド』。タイトルのとおり、「湖の近く」が舞台です。
レイクサイド

東野 圭吾 実業之日本社 2002-03-16
売り上げランキング : 240315
by ヨメレバ

「レイクサイド マーダーケース」というタイトルで、2005年に映画化されています。
実は、私の人生初東野圭吾作品はこれでした。
なんか、映画のタイトルの語感がすごく気に入って。口に出して言いたくなるんですよね(笑)

皆さんも、この夏は本を読んで涼を感じましょう〜・:*+.(( °ω° ))/.:+

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
05.30
Tue
本の配架で館内を回っていた時に、ふと新書コーナーが気になって…。

うちの図書館では、受け入れ時点では普通の本も新書も文庫本も関係なく分類します。
蔵書に加えるもろもろの処理を済ませてから、本を置く棚を考えて、配架しています。
まあこれは、うちのような規模の小さい図書館だからできることなんですが(-∀-)


これまでは、↓のように
20170602192124134.jpg
分類受入番号順に並べていたのですが。
順番どおりに並べているのに、ごちゃっとしてるように見える…(´⊙ω⊙`)

本の内容(書名)で見るとまとまってるし、司書的にはこっちの方が案内もしやすいんだけど…。
写真に撮って客観的に見ると、やっぱり、見にくい・探しにくい気がしますねー。


そこで、本を並べ替えてみました。
2017060219212685c.jpg
出版社別にまとめて、当館所蔵の多いものから左詰に。
やはり、同じ柄(?)の背表紙が揃うときれいに見える!
本屋さんなんかでもこの並べ方が多いような気がするから、こっちの方が見やすいかもしれませんね(-∀-)

新書の背表紙って、出版社ごとに特徴があって面白いです。パッと見てわかりやすい。
背表紙だけじゃなく、内容もそれぞれに特化しているものがきっとあるんでしょうね。


調べている人がいるだろうと思い、検索してみました↓
新書は「コンセプト」で選べ!―出版社に電話突撃
相次ぐ「新書」シリーズ。多様なテーマ、変容するスタイル - WEBマガジン [KAZE]風

やっぱり何でもあるなぁ、インターネット!!
どちらもゼロ年代のことで、新書についての最新情報!というわけではないんですが(;^ω^) 
今後、新書を選んだりするときの参考になるかと思います。



新書は、普通の利用者さん以外だと、高校生が探しに来る印象があります。
入試が終わって、入学前の課題?宿題?で、よく出されるみたいです。
大学入学前というと、高校も卒業してますからねぇ。学校では借りられないから、公共の図書館に来るんでしょう。
「そこまで高いもんでもないし、自分で買ってもいいのでは…?」と思わないでもないけど、
まあ、新書なんて一回読めば十分、みたいなとこありますからね。

私も、書店で本を買うとき必ず一冊以上は新書を買ってしまうんですが、大概一回読んだだけで終わりです(笑)
世間で話題になってることをサラッと知りたい時には便利なんですよね。

ほかの図書館の新書コーナーはどんな並べ方なんだろうなぁ~(´∀`)

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へにほんブログ村
comment 0 trackback 0
back-to-top