07.23
Sun
最近は、開架棚に並んでいる本の分類チェックをしています。

本の分類は、日本十進分類法という決まりに従って行うのですが、
図書館の状況によって細かい判断が必要になるから、すべての図書館が同じ分類をするとは限らない、と私は考えています。
これについては、また別の記事で詳しく話すとして…


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

当館では、10年以上前に受け入れた本が、いまだに開架棚に置いてあります。
なぜかというと、本の利用自体が少なく、劣化しているものがあまりないため。汚破損が酷いものはもちろん閉架です。
大きな図書館なら、利用頻度も高くてすぐにボロボロになってしまいそうな本も、うちの図書館では比較的綺麗なまま。
書籍にとっては状態がよく保たれているのは良いことなんでしょうが、図書館司書としては複雑な気持ちです…(;^ω^)
今のところはスペースに余裕があるから置いているけど、今後新しい本が増えていくと次はどれを閉架にするかで悩むはめに…(ぜいたくな悩み)

綺麗な本が多いのは良いことなのは、間違いないです。ただ、うちの図書館の場合、別の問題があるのです…。
それは…分類の間違いが多いこと。

受け入れた当時の担当の方が、ちゃんと分類をしているはずなのですが、棚に並んだ背表紙をぱっと見たときに、
「なぜここにこの本が…?(*_*;」というのが、地味に多い気がして。

本を手に取って、背表紙のタイトルだけではなく、中身までよーく見ると。
厳密には間違いではないんだけど、「そっちをとったかー!」というような分類がけっこう見られました。
棚整架ついでに、分類のチェックをしていると、出るわ出るわ。

たとえば、↓の本
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

アラン ピーズ,バーバラ ピーズ 主婦の友社 2002-09-01
売り上げランキング : 24900
by ヨメレバ

一時期、すごく話題になった本ですね。
たぶんその話題になったときに買ったんでしょう、2冊ありました(一冊は寄贈でした)。

この本が、なぜか、[389]文化人類学に分類されていました(@_@)
389というのは、3類・社会科学のなかの、もっと細かい分類で、文化人類学の本を置くところなのですが。
なんでだろう…どこをどう見て「文化人類学」と思ったんだろうか…?

せっかく2冊あったので、1冊は[143]性差心理学のところに、もう1冊は[491]脳のところに置きました。
男女の脳の違い、考え方の違いについて書かれた本だと思うので(未読です)、このような分類にしました。
複本を別々の分類にするのはよくないかもしれませんが、うちの館では、このやり方でいこうと思います。
※ちなみに、分類のカラーは、うちの図書館での色分けです。1類はグレー、3類は、4類は

こんな感じの分類間違いが、ほかにもたくさんあります…一列に2・3冊はあります(;´・ω・)
でも、それを見つけるのが、また面白い。宝探しのようで、楽しい作業です(笑)。
そして、分類を変えた後にさっそく貸出されると、「ヨッシャー!」と思います。図書館司書、冥利に尽きます(o‘∀‘o)*:◦♪

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


冒頭で言ったように、分類はそれぞれの図書館で違ってくるので、全部に共通した「正解の分類」というのはないと思います。
でも、その本を置くのに「ふさわしい分類」は必ずあります。それを、きちんと見極めるのが図書館司書の仕事です。

ただ…今の全国の図書館の状況では、そういうことができる司書は育ちにくいと思います。
正規・非正規や、民間委託など、なかなか難しい問題ではありますが、良い方に進んでいってほしいです(´・_・`)
同じように図書館で働く昔の同僚なんかと話をすると、私は本当に司書として恵まれているな、と感じます。
情熱を持つ司書さん、たくさんいるのになー。もったいない。


まあとりあえず、今は自分のこと、目の前のことを誠実にやっていくしかないですな。
それが、このさきの、未来の図書館司書の礎となる…とまで言うと大げさですけど(笑)。
私がきちんと図書館司書としての役割を果たせれば、きっと次もきちんとした図書館司書を入れてくれると思うので。
引退するまでは、きっちり頑張ろうと思います(*・`ω´・)ゞ 引退しないかもしれないけどねw

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
06.14
Wed
飲み会の席なんかで、「好きな作家は?」と聞かれることがあります。

質問してくる方は
図書館司書?よくわかんないけど、本の話でもしておけばいいだろ」
という感じでラフに聞いてくるんでしょうが。

この質問…非常~~~に悩みます…(;´・ω・)
図書館司書に限らず、読書家のみなさんならきっと同じように悩まれることと思います。


「好きな作家はいますけど、あなたはたぶん、知らないと思います」
と答えられたらどんなにスッキリすることか_(:□ 」∠)_

しかし、楽しい飲み会の席でそんなこと言ったら空気ぶち壊しになりかねませんので(笑)、
その人が「名前だけは知っていそうなちょっとメジャーな作家」を答えることがほとんどです。

この、「名前だけ」というのがミソ。
下手にドメジャーな作家を答えると「あ、知ってる!ベストセラーのやつだよね」とか「読んだことあるよ~」となって、
話を広げざるを得なくなるからです。

いや、話を広げたくないわけじゃないんですが…
こちらにしか知識が無い状態で話を広げてしまうと、相手に「この話題に対しての興味」が無い限り、
一方的に話をすることになってしまい、「そんなマニアックな話されても…」とか「しらねーよ」と場が白けてしまうことがあるので。
オタクは話し出すと止まらないものですから。酔っていれば、なおさら熱が入って長くなりますから。

楽しい飲み会を楽しく終わらせたいなら、本だけじゃなく空気も読まないとね(-∀-)


ちなみに、私の好きな作家は吉村達也さんです。あなたは、知ってますか?(笑)
文通 (角川ホラー文庫)

吉村 達也 角川書店 1994-04
売り上げランキング : 827594
by ヨメレバ

ふたご (角川ホラー文庫)

吉村 達也 角川書店 1996-08-01
売り上げランキング : 1169982
by ヨメレバ


最初はかすかだった違和感が、後半にいくにつれて存在を主張してくる系のホラーです。(?)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
comment 0
06.14
Wed
先日、本を買いました。
20170613164927433.jpg

左から。
『ダ・ヴィンチ』『ずぼらヨガ』『貯金の教科書』『説明の技術』。四冊、全部で約3500円でした。


書店のレジでお金を払うとき、「本って意外と高いよなぁ…」と思うことが割とあります。

私は、子どもの頃から家族揃っての図書館ヘビーユーザーだったからか、「本は買わずに借りるもの!」という考えが体に染みついていて、余計に高く感じます。図書館司書は薄給だし…_:(´ཀ`」 ∠):

でも、あらためて考えてみると。本の値段が安いと、ちょっと不安になるんですよね。
「こんなに安いなんて、内容がちゃんとしてないんじゃないか?」「この本に書いてあることは、本当に正しいのか?」って。
まあ、お金がかかっている=正しい、というわけではないですが…
少なからず、内容の保証にはなるんじゃないかなぁ、と、ふと思いました(-∀-)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

『ダ・ヴィンチ』は、本に関するさまざまな特集記事が組まれていて、それはもちろん読物として面白いですが、
その月の各出版社の新刊情報が載っていて、図書館の本を買うときにも参考になるので、
書店やコンビニで見かけたらなるべく買うようにしています。今回買ったのは大野くんが表紙で、ジャニオタ的には一石二鳥v(o゚∀゚o)v笑
普段は新刊情報のところだけ読んで、ほかの記事は流し読み(なかなか時間がかかるので)が多いのですが、今回ばかりは大野くんの記事を読まなくてはいけませんね!
ちなみに「忍びの国」はまだ読んでいません(´∀`;)ゞ
映画も見にいきたいけど、田舎だからちょっと厳しいな。映画館まで、片道3時間はかかるもの。
行きの3時間で、原作を読むか!?(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ

崎田ミナ 飛鳥新社 2017-01-11
売り上げランキング : 19
by ヨメレバ

『ずぼらヨガ』は、最近体がガチガチのバキバキになっている気がするので、買ってみました。私もまさしくずぼらなので…_(:3 」∠)_
内容はほとんどイラストで、3割マンガ、6割ヨガの説明(手順とか)、1割文章、という感じ。写真はなし。
絵のタッチは、面白系?ギャグマンガに近い?コミックエッセイによくあるタイプの絵柄で、カワイイ感じではないです。
「じりつしんけい」くんというキャラがヨガのポーズを教えてくれてます。服を着た人体模型…という印象をうけました(笑)。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

イラストでわかる その節約、逆にムダです! 手取り17万円からの貯金の教科書

横山 光昭 宝島社 2017-01-20
売り上げランキング : 88708
by ヨメレバ

『貯金の教科書』は、まさに今の悩みの種…。まあ、私は手取り17万以下ですけど(´д⊂)
4つのパートに分かれていて、パート1とパート2では「こういうことをする人はお金がたまりません」というのをマンガと文章で紹介。
パート3は、お金をつかわないようにしよう、ということで思い改めるべき悪しき習慣と、その改善策。
パート4では、お金の増やし方について、手取り17万以下の人ができる・始められる方法を紹介しています。
個人的に、パート4が良かったです。投資についての初心者向けの本はあまたあれど、ほとんどはある程度お給料をもらっている人向けで、手取りが少ない人にはすぐに始められそうにないものが多かったのです。
「年収分を貯金できてから、半分を投資にまわす」というのが、言われてみれば!という感じでした。
これまで読んだ本では「まず○○万円用意しましょう」みたいなのが多くて。
これくらいならできそう~というのがたくさん載っていたので、参考になります♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

マンガでわかる! かならず伝わる説明の技術

鶴野 充茂 宝島社 2017-02-14
売り上げランキング : 3425
by ヨメレバ

『説明の技術』、これは最近書店でよく見かける、「マンガ×ビジネス書」のタイプの本、だと思います…
(普段買わないからわからないし、図書館で購入検討する際にも、あまり選ばない本なので…)
自分が絵を描くから目についてしまうのか、マンガの作画ミスが多くて、なかなか内容に集中できませんでした(;´・ω・)
キャラクターの髪の毛の色や服の色が塗られてなかったり、髭のあるキャラの髭がコマごとにあったりなかったり…
マンガ以外のところは、見開きで1つのテーマについてコラムのように解説されています。
それぞれの項目について一冊づつ本を読むよりは、ギュッとまとまっている分、読むのは楽かな…と思いました。
必要なところだけ目次から拾って読めば十分わかるので、マンガのところは読み飛ばしてもいいかと。
でも、もったいないなぁ_(:3」z)_


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ちなみに、買った本はすぐに読んじゃう派です。すぐ読める本しか買わない、とも言う…(笑)
本を買ったらすぐ読まないと意味がない!という人もいるけど、いつ読むかなんて、その人の自由ですよね(^_^;)
少なからず内容に興味があって買ったんだから、買ってから時間が経ってもおもしろく読めると思うけどなぁ。

現役図書館司書の選ぶ本のご紹介、でした〜。
comment 0
03.31
Fri
年度末でバタバタしていたら、あっという間に3月も終わってしまいました(;'∀')

先日、お世話になっている小学校の校長先生から、嬉しいお話を聞きました。
卒業生に「将来の夢は何?」と聞いたところ、図書館司書になりたい」と答えた子が2人もいたそうです。
その学校は小規模校で、6年生は10人しかいないのですが(それでも我が町では多い方)、そのうちの2人が!司書に!

私が、その子たちに司書らしいことをしてあげた…というわけじゃないですが(笑)、やっぱり嬉しいですねぇ。


タイトルにも書きましたが、「図書館司書」に向いているか、向いていないか。
基本的な部分は「なるにはBOOK」など、山ほど本が出ているので、そういう本にお任せして…(笑)


これまでの8年間の司書経験を経て、「こういう性格だと、図書館司書にぴったりかも!!」というのを、私なりに考えてみました。
まだ進路が決まっていない子どもたちや、やりたい仕事がないという人たちの選択肢の一つになればいいな、と思います(*´꒳`*)

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

★パソコンの検索が好き・得意
レファレンス業務をするときに役立ちます。どうすれば、最短で情報にたどり着くことができるか?ということにやりがいを感じるような人におすすめ。
利用者によっては「何日か前に〇〇のテレビで見たんだけど…」みたいな、世間話でもするような感じで本を探しにきたりします。
下手したらその番組から調べなくてはいけません。その番組を自分も見ていたらラッキー.゚+.(・∀・)゚+.

司書資格を取るときの授業で情報検索に関するものもあった気がするので、今できなくても大丈夫かと思いますが、できるに越したことはないですね。
日常生活でも役に立ちます。


★辞書を引くのが好き・得意
辞書に限ったことではなく、百科事典や便覧、図鑑など、たくさんの情報が載っている本全般をさします。
レファレンス業務では、分厚い本の中、ほんの数ページ・数行しか載っていない情報を探すことがあります。
目次(あるいは索引)をくまなく見て、関係していそうなところを探し、ひたすらページをめくる!
一冊だけでは情報として少ないので、数冊の本から同じ情報を探し出せるとより良いです。
一人の著者が書いているだけでは、若干、信ぴょう性に欠けるといいますか…
まあ、ちゃんとした出版社から書籍になって世に出ている時点で、ある程度は信用していいと思います。
ネット上の、どこの誰とも知らない人が匿名で書いているような情報と比べたら、その差は歴然ですよね(´∀`)


★知識を得るのが好き
図書館司書として仕事をしていると、否が応でも知識を増やすことになります。
「業務上必要な知識はしかたないけど、それ以外の無駄な知識は増やしたくない!」という方には向かないかもしれません(笑)。

利用者の方の質問はさまざまで、自分がまったく興味のない物事や、これまで出会うことのなかった物事についての本を探すことが日常茶飯事です。
たとえば「『金継ぎ』についての詳しい本はあるか」とか、「ビッグバンの方程式について知りたい」とか「釣り具(しかけ)の作り方の本は?」とか。
子どもたちからも意外と「ええっ?」というような質問が来たりします。「側転のしかたがわかる本は?」とか「木刀の作り方が知りたい」とか。木刀、自分で作るのかい…(゚Д゚;)

これらの相談について、「覚えていなくちゃいけない」わけではないですが、「覚えておくといい」ことのほうが多い気がします。
一度聞かれたことは、その後も聞かれる可能性が高いです。
あと、飲み会やなんかの時に、話のタネになったりします(笑)。


★活字を読むのが苦じゃない
そもそも、活字が嫌いな人は司書を目指そうとは思わないでしょうけどね(´∀`)
でも、活字中毒の人は逆にツライ職場かもしれません。目の前には、読みたい本がやまほどあるのに、仕事中は絶対的に読めないのですから。
本棚や書庫の片隅で隠れてコソコソ読むのもスリルがあっていいでしょうが、そういうのは大体バレています(笑)。
仕事にするなら、ほどほどに活字好き、くらいのほうがちょうどいいと思います。

ちなみにわたしは、絵や写真を見る方が好きです。小説とかでも挿絵や表紙絵のほうが気になるタイプ(°▽°)


★何かしらの趣味があり、それについての知識が豊富である
スポーツや映画、料理や手芸、ガーデニング、イラスト、ゲームなど…この世には様々な趣味があふれていますね。
その中で、なにか一つでも知識豊富なことがあれば、司書の仕事に生かせます!

どのような趣味でも、初心者の時は、ネットで調べたり、人に聞いたり、本を読んだりしますよね。
過去にその趣味についての本を読んだことがあれば、その本を紹介してあげることもできます。

その趣味に関する専門用語が本の書名に入っていた場合、初心者だと手に取らない可能性があります。
でも、その用語の意味を知っている司書がいれば、その人に本を紹介することができます!
手芸に関する本だと、「カルトナージュ」や「エコクラフト」、「ズパゲッティ」など、興味のない人にはさっぱりの単語…。
図書館では分類があるので、そういう専門用語書名の本も「手芸の本」コーナーに並んではいるから、手にとって開きさえすればわかりますが…
たくさん並んでいる本の中から、これだ!という1冊を探すのは、普段図書館を利用しない人にとっては面倒くさいこと。
また、そういう人は、複数の本を借りることも嫌います。「1冊にまとまってるのは無いの?」と言われることも…( ̄▽ ̄;)

自分の好きな趣味の本が複数冊あったら、ざーっとでもいいので目を通しておくと、司書になったときに役立つかもしれません。
私も手芸が好きでいろいろ本を見るのですが、同じ編み物の本でも、手順の一つ一つに写真を使っていたり、手書きイラスト風だったり、編み図オンリーだったりしますからね。

自分が好きでやっていること、学んだことを仕事で生かせるのは、単純に嬉しいです。
ただし、知識をひけらかしすぎると「なにこの人…(-_-)」とひかれてしまうので、ご注意を!(笑)

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

もしみなさんのお知り合いの中で、上記のようなことが得意だけどやりたい仕事が無い…という人がいたら、
図書館司書という仕事を進めてみると、いいことがあるかもしれませんよ♪(/・ω・)/ ♪


にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へにほんブログ村
comment 0
03.01
Wed
メディアリテラシー!!!」

オンラインゲームとかで、「ジョブ:図書館司書」が使えるスキル…的な(笑)。

ほんとの意味はこちら→ メディア・リテラシー Wikipedia


職業・ジョブとして図書館司書が出てくる、そういうゲームってあるのかな?
…と思って調べてみたら、ありましたよ!↓ なんでもあるなぁ、インターネット。
次世代リアルタイムカードゲーム『魔法図書館キュラレ』DMMゲームストア版が先行リリース開始

このゲームには、「メディアリテラシー」スキルはなさそうだけど(笑)



いや、ちょっと、気になることがありまして、ここ数日、悶々と考え込んでいたんです。嵐ファンの方々はご存知でしょう、例の報道です。
自担(※自分が推している人のこと、ジャニオタ用語)の報道ではないにしても、やはり気になってしまいます…。
日々更新されるネットの情報に踊らされて、一喜一憂…。気のせいか、頭痛も頻発しています。精神的な影響がデカい…(・ω・`彡 )з

「情報を調べる」というのは、知らないから不安知ることで安心できる(病気なんかは特に)という良い面もありますが、
インターネットのような嘘もまことも玉石混交なところで探すと、知らなくていいことまで余計に知ってより一層不安になってしまう…という側面もあります(´∀`;)ゞ
男性はそこまで影響されないのかもですが、女性は影響されやすいもの。それこそ、すぐ体調に出てしまうくらい、精神的なダメージを受けやすいのです。

そういう時に役立つのが、メディアリテラシー。自分に必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力。
まあ、今回のような場合は、情報を引き出して真偽を見抜くだけで、活用する必要はないでしょうけど…(^^;)
私が高校生の頃に普通の授業でも習った覚えがあるので、これは別に図書館司書に限った話ではないのでしょう。
でも、まさしく情報の海のようなところで働く図書館司書としては、ぜひ身につけておきたい、というか身についていなくてはならないものですね。

…というわけで、冒頭の「図書館司書のスキル」の話を思いついたんです(笑)。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

こういう本を読むと、メディアリテラシー、身につくかもよ!という紹介↓

タイトルからして、まさに、今の私にピッタリな本\(^o^)/
内容もテレビ同様、とてもわかりやすくて、すらすら読めます。中学生でも読めそうな感じ。さすが池上先生!
新聞やテレビで報道される、さまざまな「ニュース」の真実…というか、裏側というか。
すべてを素直に信じてはいけないのだな、と改めて思いました。

でも、あの池上先生が、「壁ドン」の解説までしていたとは…驚きでした(笑)。

図書館では、0類の棚に、こういう系の本がまとまっていると思います。
興味のある方は、ぜひ、お近くの図書館へ♪(/・ω・)/ ♪


※追記にて、例の件について、今のモヤモヤした気持ちをちょっと吐き出させてもらいました。
自分の心のバランスを取るためのものなので、読む必要はありません。お暇な方は…ご自由にどうぞ。
続きを読む
comment 0
back-to-top