11.04
Sat
10月27日(金)から11月9日(木)は、第71回読書週間です。
17banner1.gif


我が図書館でも、展示や飾りなどをがんばっております!

今年は、こんな風なのを作りました👆 ちぎり絵風です。

日にちやらなんやらの文字は普通に打ち込んで、「読書週間」という文字だけ大きくして、さらに白抜き。
それを印刷してコピー機で拡大して、白抜きしたところにちぎった紙を貼り付けました。
なかなかアナログな方法(´∀`σ)σ

最初は、紙も細かくちぎって、丁寧にやっていましたが↓
2017110413141528a.png
後半は慣れと怠けが出てきて、ちぎり方も大きくなっています(;^ω^)
20171104131415030.png
秋っぽい色合いにしてみました。黄色や赤、オレンジは紅葉の色をイメージして。
紫は、紫芋とかブドウのイメージで選んだんですが…貼ってみると、「怪獣」みたいな色だなーと思いました(-∀-)

これだけではさすがに寂しかったので、まわりに折り紙やらなんやらを貼り付けました。
完全形は、当図書館へ来館した方だけのお楽しみ!(笑)

残り5日ですが、皆さんも読書週間、満喫しましょう~♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
10.19
Thu
すこし忙しくしておりまして、更新が滞ってしまいました。すみません(;´・ω・)

先日、テレビのニュースで図書館大会でのあることが話題になっていましたね。
テレビで図書館大会のことが取り上げられるなんて、めずらしいこともあるもんだなーと思いながら見ておりました。

★ 「図書館で文庫本貸さないで」文芸春秋社長が訴え 「文庫は借りずに買ってください!」(2017/10/12)

うちの図書館では、基本的に文庫本は新規購入リストには加えていません。
ですが、本棚には並んでおり、文庫本コーナーもしっかりあります。しかも、棚一列分をしめております。

「購入していないのに、なぜ本棚に並んでいるのか?」という疑問をお持ちになった方もいるでしょう。

なぜかというと、文庫本は、利用者の方からの寄贈が多いためなのです。
寄贈資料として受け入れているから、購入はしていないけど蔵書にある、ということになっているのです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

うちの図書館で寄贈本を受け入れる時は、文庫本に限らず、単行本も新書も、
まず、状態がよくて、出版年が新しいもの、蔵書に同じ本が無いもの、を選んで入れています。

ただし、どんなにピッカピカで新しくても、すでに単行本が入っているものはリサイクルコーナー行き。
あと、中古書店(某オフ)などの値札シールがついていて綺麗にはがせないものも除外してリサイクルコーナーへ。

文庫本は、普通の本と比べると中古率が高い上に重複することも多いので、
受け入れるにしても、その時持ち込まれた文庫総数の半分か三分の一くらいしか入れないことも多いのですが、
それでも、棚の一列分を占めていますからね。
「利用者からの寄贈によって、我が図書館の文庫本コーナーは成り立っている」といっても、過言ではない!(笑)


寄贈が多いということは、うちの地域住民の中で文庫本を買う人は少なくない、ということですね。
図書館に棚一列分の文庫本コーナーがあっても(笑)、文庫本を買う人がいなくなるわけじゃないんだよ、と件の社長に伝えたいです(-∀-)


にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
09.14
Thu
8類[言語・語学]の棚をチェックしていて、気づきました。

うちの図書館…英語の本はたくさんあるけど、それ以外の外国語はほとんどなくね?

これでは、英語以外の語学を学びたい人にとっては何の役にも立たないんじゃないか!?

去年かおととし、図書館によく来る中学生女子から「韓国語の勉強をしたいんですけど、本ありますか」と言われて、
韓国語の本を数冊買ったんですが、その数冊と、ふる~い中国語の本しかなかったでした…( ̄ロ ̄lll)

これはいかん!なにか別の言語の本も買って、8類の棚を充実させねば!!


…と、思ったのはいいのですが。
英語以外の外国語、といっても、何語の本を買えばいいんだろう?(゜-゜)

大きな図書館なら、購入予算も潤沢だろうし、利用者も多国籍でしょうが…
うちのような小さな図書館では、予算も少ないし、利用者も限られる。
我が町で見かける外国の方なんて、ALTの先生くらいだしなー(=∀=)

なにか、皆さんおすすめの外国語、ありますか?(笑)

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
09.07
Thu
ここ数年、夏休みの終わりごろになると、「学校行きたくない問題」「9月1日自殺増問題」みたいなのが話題になりますが。

図書館といえば、これ↓ですね。鎌倉市の図書館のツイート。

鎌倉市図書館のもうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。と報道
togetterまとめより。

つい最近のことと思ってたら、もう2年前の出来事なんですねぇ。

学校の図書室の先生が言ったのならまだわかるけど、公立の図書館がこれを言ったというのが驚きでしたね!
教育委員会とのしがらみもあるでしょうに。(実際、togetterには市教委とのこともちらっと書かれているし)

同じ図書館司書としては、「なかなか勇気ある行動に出たなー」という印象でした。
わたしには きっと できない_(:□ 」∠)_

学校が休みじゃない日に、小・中学生の子どもが一人で図書館にいたら…。
(最近の高校生は、制服着てないと高校生に見えないような子の方が多いので、除きます)

私だったら、きっと、何かしら行動をしてしまう。何も言わずにほっておけない…(´・_・`)

それに、職員としては何も言わなくても、周りの利用者さんが気になるでしょう。
もしかしたら、そういう人が直接声をかけてしまうかもしれませんし。
おせっかいなおじさんおばさんも多いですからねぇ…


このつぶやきを見て救われる思いがした子が、1人でもいたらいいな…、と思います。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
08.23
Wed
8月も下旬です。夏休みも終盤、ラストスパート!という感じですが、意外に小学生の姿は見えません。
登校日もあったし、ある程度宿題も終わって、みんな遊びに行ってるのかしら。


さて。またもや、本の分類の話です。最近この話題ばっかりだな…
図書館司書らしいっちゃあ、らしいんですけどね( ˘ω˘ )

7類の棚のチェックをしていて、気になった3冊がありました。
私も図書館司書の端くれ。これまでの経験で知識があるので、調べる前に「これはこの分類じゃなくて、あの分類じゃないか…?」と予想をたてるんですが、
今回発見した分類間違いの本は、なんと3冊とも予想が外れました(´;ω;`)まだまだだった…

ちなみに、調べる際に利用したのは、以前にも紹介したカーリルローカルというサイトです。いつもお世話になっております。_(._.)_

******************************

まず、一冊目。
フォーカス スクープの裏側

フォーカス編集部 新潮社 2001-10
売り上げランキング : 398682
by ヨメレバ

これは[740]写真のところにありました。
「フォーカス」って、なんか、写真用語ですもんね。それできっと、写真に関する内容の本だと判断したんだろうなぁ。

この本は、タイトルにある通り、雑誌「フォーカス」で取材した事件に関する裏話、みたいなものがダーッとまとめられています。
「フォーカス」は2001年に休刊していますが、この本はその年の10月に出ています。休刊になったから、これまでのことを暴露(?)しようと思ったのかなぁ。

予測の時点では、写真週刊誌の裏話だから、きっと芸能界に関する内容だろうと安直に考えて、
「6類の最後の方に芸能界に関する本がまとまっている数字があったよな…」と思っていたんですが。

残念ながら、はずれ。0類、総記の中に[051]日本の雑誌というのがありまして、そこに収めるのが正しいようです。
0類なんて、図書館に関することか読書術しかないと思ってた。 ←自分の興味のあるところしか見ていないのが丸わかりですね
うーむ。まだまだ勉強が足りませんね(*`ω´*)

******************************

つづいて、二冊目。
雨の日の釣師のために―釣文学35の傑作

D. パウナル,G. パウナル TBSブリタニカ 1991-08
売り上げランキング : 394913
by ヨメレバ

この本は[787]釣魚(釣りに関する本)のところにありました。これもきっと、タイトルから分類したんでしょうね…。
たしかに、「釣師のため」って書いてあれば釣りの本のところに置くよな。厳密にいえば、間違いじゃない。わかる。

でも!うちの図書館で釣りに関する本を探すのは本当に釣りを楽しむ人本業で釣りをしている人だけなので、
釣りの技術や、仕掛けのつくり方なんかを知りたい人しかいません。雨の日は別のことをしているでしょう。
よって、この分類では今後も借りられないままだろう、と思って分類変えを決行しました。
よその大きな図書館だったらこの分類のままでもいいかもしれませんね( ˘ω˘ )

雨の日に釣りができない釣師に読んでもらうための、釣りに関する文学を集めた一冊です。
新たな分類は[908]叢書,全集,選集のところになりました。
編者の名前が外人さん(D&G・パウナル)なので、外国文学の930以降の数字では?と予想していたんですが。微妙にはずれでした。

集められている作品のすべてが同じ言語の文学ならば、それぞれの国の文学([930]英米文学、[940]ドイツ文学、とかね)のところに収めるようですが、
この文学集にはいろいろな国のお話が入っているのでこの数字になるようです。まー、日本語訳されているので本来の言語はわかりませんが(;^ω^)
NDC新訂9版908の項目に
「 *ここには(1)文学<一般>に関する研究の叢書、および(2)主要な言語を特定できない作品集を収める 」とあります。この、(2)にあてはまるんですね。

本自体は一つ一つの話がほどよい長さで、短編長編入り混じっているので読みやすいと思います。
それこそ、雨が上がったのに気づいたらすぐにでも釣りに出かけられるような。

******************************

最後はこれ。
『古写真で見る幕末・明治の美人図鑑』
保存版 古写真で見る幕末・明治の美人図鑑

小沢 健志 世界文化社 2001-10
売り上げランキング : 534426
by ヨメレバ

[740]写真のところにありました。
書名の頭に「古写真」ときて、中も写真が多いですから、写真のところに置いてしまうのは順当ですね。

しかし、同じ棚に並ぶ写真に関する本の中で、明らかに浮いていたこの一冊…
「幕末・明治」と大きく書かれているので、2類の日本史の分類に置いた方がいいんじゃないか?と思ったんですけど。

調べてみたところ…
なんとこの本は、[384]社会・家庭生活の習俗の分類でした。
まったく予想していなかった分類で、びっくりしました(◎_◎)

あらためて本を確認してみて、納得しました。
この本に載っているのは、歴史に名を残した著名な女性ではなく、普通に暮らしていた庶民の女性(美人)ばかり。
服装や髪型はもちろん、背景として映り込む生活の道具などを見れば、当時の暮らしの様子をうかがい知ることができる。
こりゃあ、この分類に置く方がふさわしいなぁ。勉強になりました。

******************************

一冊一冊の分類を調べるのは、なかなかに手間のかかる作業です。
でも、それを丁寧にやっていくことによって、自分の知識として蓄積されていく。

こういう仕事を、非正規職員にもさせてくれる図書館が増えれば、図書館司書も育っていくのになぁ…(つω-`。)
正規の無資格職員がするより、効率的でもあると思うんですが。難しいことなんでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村
comment 0
back-to-top